toggle

預金口座の相続手続き

手続きの概要

口座の名義人の方がお亡くなりになると、口座は金融機関によって凍結され、預金を引き出すことができなくなります。また、口座を凍結される前に、預金を引き出すと、事後に相続人間でトラブルとなる場合がございます。当事務所では、亡くなった方の銀行口座・信用金庫・郵便局等の口座について、スムーズに相続人の方が引き継ぐことができるよう、口座の解約・名義変更のお手伝いをしております。

サービス内容

預金口座の相続手続きサービスでは、下記全てを司法書士におまかせいただけます。

・必要な住民票や戸籍のすべての取得を代行
・専門家による相続人の確定
・相続人関係図の作成
・遺産分割協議書作成
・預貯金、株式の解約・名義変更書類作成

手続きの流れ

1.受付

ご依頼を迷っている方もお気軽にご連絡ください。初回相談・見積りは無料ですのでご安心ください。出張訪問も可能でございます。

2.司法書士によるご相談

遺産の状況、相続人についてなど丁寧にヒアリングいたします。また、当サービスについて詳しくご説明いたします。ご納得いただいたうえで、依頼するかどうかご判断いただきます。

3.相続人の調査(相続人の確定)

相続手続きに必要な戸籍を収集いたします。多くの戸籍を全国各地の自治体に請求するのは、大変なご負担となる場合がありますので、ぜひご依頼ください。

4.遺産分割協議書作成

相続人の皆様の話し合いの結果から、遺産分割協議書を作成いたします。遺産分割協議の話し合いでは、司法書士が調整係としてサポートすることも可能です。遠方の方や、あまりお付き合いのない方との連絡などもサポートいたします。

5.預貯金、株式の解約・名義変更書類作成

各金融機関にて口座の相続手続きを代行いたします。

報酬 

パック費用 6万円(税別)

名義変更の必要な口座が、3口座を超える場合は、1口座につき3万円の加算となります。

手続き終了後、預貯金から精算いただけます。着手金もございません。