toggle
2020-02-04

被後見人の方の口座開設

今日の午前は、各銀行ATMを周り、被後見人の方の通帳記帳をしました。
毎月月初に行うようにしています。山手通り沿いの金融機関を自転車で回りますが、約1時間ほどかかります。
途中、記帳のついでに近隣の金融機関さんへ、挨拶をし名刺をお渡ししてきました。
自転車だとまだまだ寒いですね。最近はバスではなく、自転車で事務所へ通勤していますが、仕事が長引いて夜遅くに自転車に乗るととても冷えます。

事務所へ戻ると、記帳した通帳を開いて出納帳に記録します。各被後見人の方ごとに管理している小口現金の残高も確認します。
以前はリーガル社のソフトを利用して記録していましたが、最近はLSシステムの出納帳を使用しています。
なんとなくブラウザのほうが使いやすい気がするので。
あと、リーガルサポートへ半年に1度業務報告をする際も、そのままデータを流せるのでスムーズです。

先日、初めて被後見人さんの口座開設をしました。銀行はゆうちょ銀行です。
その被後見人さんの入所施設の利用料が、ゆうちょ銀行のみ引き落としに対応していたからです。
当初は他行からの振込をしていましたが、毎回取扱支店へ行き手続きをしなくてはならず、また振込手数料もかかってしまっていました。
取引の度に取扱支店へ行かなくてはならないのは、一人事務所ではとても辛いです。

実は口座開設は年末もチャレンジしていましたが、書類不足でその時は開設できませんでした。その時は、本人確認書類の原本が足りませんでした。
そこで今回は、施設に預けていた本人確認書類をお借りして、準備万端に施設近くのゆうちょ銀行へ行きました。
やはり、銀行の窓口でもそうある手続きではないらしく、担当の方が本部かセンターへ電話で確認しながら手続きしていただけました。
郵便局に入って1時間ほどたって被後見人の方の通帳を手にすることができました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です